創業明治38年 新原味噌醤油工場〜マルニでお馴染みの薩摩川内唯一の味噌・醤油醸造直売〜

創業明治38年 新原味噌醤油工場〜マルニでお馴染みの薩摩川内唯一の味噌・醤油醸造直売〜

販売価格はお問い合わせください。

※掲載店舗様へのお問合せはお手数ですが直接店舗様へお電話でのお問合せとなっております。



マルニでお馴染みの薩摩川内唯一の味噌・醤油醸造直売
〜合資会社 新原味噌醤油工場〜

鹿児島県薩摩川内市樋脇町市比野141-1
TEL:0996-21-0202
【ご注文,お問合せ専用:0120-88-3539】8:30〜17:00



  

「げんきなマルニ君」でお馴染みの鹿児島のせんだい味噌、麦味噌,
鹿児島の甘い醤油、さしみ醤油、生醤油など数々の商品を製造、販売。
明治38年、川内市隈之城村(現・薩摩川内市向田本町)で醤油業として創業。
三代にわたり本物の味の追求をして参りました。
是非一度、新原味噌醤油のこだわりの味をお試しください。




■商品ピックアップ


マルニ こいくち甘露 1.8L
甘くておいしい、これぞ鹿児島のお醤油。弊社で一番の甘口タイプ。
さしみ、冷奴、漬物、煮物などに。



無添加 せんだいみそ
九州産一等大豆「フクユタカ」四国産厳選裸麦、そして赤穂のミネラル塩。
麦みその最高峰。


マルニ 麦麹生みそ
麹の香りと味の良さ、ゆるがぬ人気。


■味噌・醤油Q&A

Q1.お味噌が変色してきたけど、大丈夫?

みそは長期間保存すれば淡色みそは色が濃くなります。
これはアミノ酸が糖分と反応して褐色に変化する現象です。温度が高いほど強くなります。開封したみそは袋の口をしっかり閉めて、空気に触れないように必ず冷蔵保存しましょう。


Q2.みその上手な保存方法は?

よく店舗に見えるお客様より『このみそは冷蔵庫に入れて保存した方がいいですか?』とのおたずねがあります。当地鹿児島では麹の多い甘口タイプの若い(色のつかない)麦みそが好まれます。着色を防ぎ、また香りや味が損なわれるのを防ぐためにも、冷蔵庫保存をおすすめします。特に夏場は着色が進みます。お買い求めの後、早めに冷蔵庫に保存してください。
また、開封した袋詰めのみその場合、使う都度袋の中の空気を抜いて保存するか密封容器に移し替えて表面にラップ材を密着させてからフタをすると良いでしょう。容器入りのみそを買い求めた時にもおすすめします。
(みそ健康づくり委員会資料参照)


Q3.鹿児島の醤油はなぜ甘いの?

1.高い気温による生理的欲求
気温が高いほど生理的に甘いものを欲するという説
(砂糖年間平均使用量:九州 523g/全国 444g)
2.奄美大島など砂糖の産地が近く、手に入れやすかったという説
3.海岸線の多い鹿児島で漁師が船の上での食事を作るとき甘い醤油1本で重宝したという説
4.九州は長崎・出島を通じてオランダと貿易があり、砂糖の大量輸入があった。
オランダの味覚が九州の味に影響を与えた。(料理に砂糖を使うのは日本とオランダだけとか)
 料理例:しっぽく料理、豚の角煮
5.薩摩伝統の焼酎は辛口で、料理は甘口が合う(甘口の日本酒には辛口の料理)
6.大体、関東の醤油が辛すぎるのだという説
7.その他


■アクセス


ホテル・旅館・居酒屋等の飲食店様への業務販売や
薩摩川内市を中心に配達にも対応しております。





創業明治38年 新原味噌醤油工場〜マルニでお馴染みの薩摩川内唯一の味噌・醤油醸造直売〜

販売価格はお問い合わせください。

Facebookコメント